読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ょうせんせいを比較に比較し「厳選」した1つの商品です

いもとようこさんの絵もかわいい!すてきな絵本です。あとがきにある「子供は明るく元気が一番と大人は思い込んでしまうが子供は小さくて弱いもの。感動する内容です。

イマが買い時!

2017年02月20日 ランキング上位商品↑

ょうせんせいくまのこうちょうせんせい [ こんのひとみ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

にはぜひとも見て欲しい絵本です。ある事件をきっかけに大きな声が出せるようになりました。子供に読んでいるのですが、いつも涙が出てしまいます。是非子供たちに読んでもらいたい本です。そういう意味でとっても価値のある絵本だと思い、自分自身のためにまず購入しました。これは実話をもとにしてあります。大きな声を出せなくなってしまった羊君の理由が微妙ですが、一度じっくり手にとって読みたいと思って購入しました。たくさんの絵本の中でどれにしようかなと、たかが絵本と思うでしょうけど真剣に選びました。実話を基に書かれたお話です。いろいろ考えさせられますよ。 少し簡単にして読んでいます。。三歳半の子に今一番見せたい絵本の一冊でした。いつもは元気な孫ですが、人前が苦手のようで自分の力が出せませんし、大きな声も出ません。今まで見た本の中でもピカイチです!いろんな方に読んでもらいたいです。3歳の娘のリクエストです。命、個性、大人の子どもへの想いが逆に負担になることへのヒント**可愛いイラストと文章で子ども〜大人みんなの心にどう響くかな。いもとようこさんの優しい温かな絵で綴られる素敵なお話です。中身はあえて触れませんが・・命の尊さを感じることができ!私の心に響きました。大喜びでした。こびとのくつや という、いもとようこさんの本を購入したら、帯に載っていたので気になってこちらも購入(笑) 2歳の娘にはちょっとまだ、難しいかなと思いますが、とってもいいお話です。子育てしてるママや教職関係についてる方たち。一時間もかかったんですよ。いもとようこさんの絵が昔から大好きで、何冊も持っています。可愛い絵本です。3歳なのできっと内容はあまりわかっていないと思いますが(^_^;)優しさが沢山つまった素敵なお話だと思います。絵もかわいくて好きですが!内容もとてもいいなぁと思います。子供にも大人にも いい本だと思います。この本を読むたびに!幼稚園では別人のようにおとなしい娘とひつじくんが重なり!いつもは怒ることが多い娘に対して個性を尊重してあげなければと反省します。子供が幼稚園で読んで好きだという事で購入しました。子供がそのうちわかってくれると嬉しいなぁと。はずかしがりやで小さな声しか出せなかったひつじくん。。孫はもちろんのこと、子育て真っ只中の息子夫婦にも読んでほしい一冊です。幼稚園での現場復帰したときにも!こどもたちと一度は考えたいテーマです。 校長先生の優しさが!たくさんのこどもに伝わるといいなと思います。子供たちの痛みを分かち合うのが大人の役目だと思う」という言葉が印象的でした。。。ある講演会でこの本を紹介されて購入しました。内弁慶の我が家の子供たちに読み効かせたくて購入しました。朗読会で初めて聴いた時、思わず泣いてしまいました。親が読むと!ちょっと反省しなくては…と思うところもありますxxx勇気を出すこと!子供にはそんな言葉が心に残るようです。大切ないのち・・くまの校長先生の人柄に涙がこぼれます。これはずっと気になってた絵本です*実話を動物に見立てて描かれてる絵本。お友達にもプレゼントしました*実話をもとに書かれた絵本です。正直泣けちゃいました。可愛い絵、ほのぼのとしていて子供の心にやさしさを与えてくれる、そんな絵本です。以前!図書館で借りて以来!図書館に行く度にこの本を借りたがっていたので!講入しました。わたしも読んで涙しました。